2020.06.24
サンプルシナリオ 外部サービス連携
楽楽明細の帳票データ登録サンプルシナリオ (ブラウザ版)

ブラウザ画面操作を自動化し、楽楽明細へ帳票データを登録するサンプルシナリオとなります。

ご利用の帳票データを楽楽明細へ自動で登録する参考として利用できます。
ブラウザ版は、ブラウザを操作して楽楽明細を利用します。

本サンプルシナリオをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

サンプルシナリオ概要

はじめに

ブラウザ画面操作を自動化し、楽楽明細へ帳票データを登録するサンプルシナリオ(以降、本サンプルシナリオ)について説明します。

注意事項

本サンプルシナリオ利用時の注意事項はこちらです。

本サンプルシナリオの概要

本サンプルシナリオは楽楽明細の「管理画面」にログインし、帳票データを登録するまでの画面操作を自動化しています。
各サンプルシナリオの実施動作、使用ライブラリは以下の通りです。

実施する処理

本サンプルシナリオは、楽楽明細の「帳票データ CSV 一括取込」機能を使用して、帳票データの取込を行います。
以下の画面操作を行います。

  • 楽楽明細の「管理画面」にログインします。
  • 「帳票データ」タブをクリックし、「帳票データ取込一覧」画面を表示します。
  • 「帳票データCSV一括取込」ボタンをクリックして、「帳票データCSV一括取込」画面を表示します。
  • 「STEP1 帳票の選択」にて、「帳票」の一覧から 一括取込 を実施したい帳票種別を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  • 「STEP2 発行方法の選択」にて、「発行方法」の一覧から 発行方法を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  • 「STEP3 CSVデータの取り込み」にて、「ファイルを選択」ボタンをクリックした後に表示されるダイアログで入力ファイルとして用意したCSVファイルを指定して、「次へ」ボタンをクリックします。
  • 「STEP4 取込データの確認」にて、「一括取込」ボタンをクリックして帳票データの取込を行います。

使用するWinActorモジュール

各サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • ノード/アクション/クリップボード
  • 04_自動記録アクション/エミュレーション.ums6
  • 11_ウィンドウ関連/ウィンドウの表示変更.ums6
  • 23_ブラウザ関連/クリック.ums6
  • 23_ブラウザ関連/ブラウザクローズ.ums6
  • 23_ブラウザ関連/ブラウザ起動(プロキシ設定).ums6
  • 23_ブラウザ関連/ページ表示.ums6
  • 23_ブラウザ関連/値の設定.ums6

本サンプルシナリオの入力ファイル

帳票データが記載されたCSVファイルを入力ファイルとします。
※入力ファイルについては入力ファイルについてを参照ください。

本サンプルシナリオの想定レベル

本ドキュメントは、以下の技術レベルのユーザを対象としています。

  • 楽楽明細の「帳票データ CSV 一括取込」機能について理解している。
  • WinActor における Xpath 指定方法・取得方法について理解している。

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 10(ver 1903)
  • WinActor 6.3.0、7.0.2
  • 楽楽明細 Ver6.0.0
  • Google Chrome 80.0.3987.149

制約事項

  • 本サンプルシナリオを実行するためには、楽楽明細にアクセスするためのインターネット環境が必要です。
  • 本サンプルシナリオおよびドキュメントは、楽楽明細にログインやマニュアルを参照出来る状態を前提に記載されています。

本サンプルシナリオの使い方

本サンプルシナリオの実施方法は以下の通りです。

Step 1. 楽楽明細で事前設定を行う

本サンプルシナリオを実行するために楽楽明細の「管理画面」で「帳票の設定」を行う必要があります。

  • "基本設定 > 帳票の設定"にて帳票を登録し、以下の設定を行います。
     ①CSV設定
     ②レイアウト設定
     設定方法については楽楽明細のマニュアルを参照ください。
  • "基本設定 > 帳票の設定"にて登録した帳票の「詳細」ボタンをクリックし、「帳票種別ID」の値を確認してください。 "Step 5." で使用します。

Step 2. 入力ファイルをディレクトリに配置

任意のディレクトリに入力ファイルを配置します。

Step 3. WinActorで本サンプルシナリオを読み込み

WinActorを起動し、本サンプルシナリオを読み込みます。

Step 4. 動作に必要な変数を設定1 (必須)

本サンプルシナリオを実行するために必要な値を、変数一覧で設定します。
本サンプルシナリオの実行にあたり、事前に設定が必要な変数は下記の通りです。

  • 楽楽明細URL
    • 楽楽明細の「管理画面」のログインURLを指定します。
      ※URLについては楽楽明細のマニュアルを参照ください。

  • ログインID
    • 楽楽明細にログインするアカウントのログインIDを指定します。

  • ログインパスワード
    • 楽楽明細にログインするアカウントのログインパスワードを指定します。

10672_input1.png

本サンプルシナリオ変数一覧1

Step 5. 動作に必要な変数を設定2 (任意)

取り込みたい帳票データに関する変数は下記の通りです。

  • 入力ファイルパス
    • "Step 2"で配置した入力ファイルのファイルパスを、絶対パスで指定します。
      例) C:\sample\SampleData.csv
      ※データ形式はStep 1「①CSV設定」の設定内容に合わせます。

  • Xpath_ラジオボタン_帳票種別
    • 取込を行う帳票種別を選択するための変数です。Xpath の形式で指定します。
      当該の Xpath は "Step 1." で確認した帳票種別ID で特定できます。
      本サンプルシナリオでは、帳票種別ID が 「1」 である帳票を取り込むように設定してあります。
      “Step 1.” で確認した帳票種別ID が 「1」でない場合は、Xpath を変更してください。
      ※変更方法はXpath_ラジオボタン_帳票種別 設定方法(補足)を参照ください。
  • Xpath_ラジオボタン_発行方法
    • 帳票の発行方法を選択するための変数です。Xpath の形式で指定します。
      本サンプルシナリオでは、発行方法として「新規発行」するように設定してあります。
      帳票の差替発行を行う場合には、Xpathを変更してください。
      ※変更方法はXpath_ラジオボタン_発行方法 設定方法(補足)を参照ください。

10672_input2.png

本サンプルシナリオ変数一覧2

Step 6. 動作に必要な変数を設定3 (任意)

プロキシ を使用している場合に設定が必要な変数は下記の通りです。

  • プロキシID
    • プロキシを使用していて且つ、認証が必要な場合はプロキシのIDを指定します。

  • プロキシパスワード
    • プロキシを使用していて且つ、認証が必要な場合はプロキシのパスワードを指定します。
10672_input3.png

本サンプルシナリオ変数一覧3

Step 7. WinActorで本サンプルシナリオを実行

本サンプルシナリオを実行します。
帳票データ(入力ファイル)を楽楽明細に登録すると、ブラウザをクローズし、本サンプルシナリオは終了します。

Step 8. サンプルシナリオ終了後

サンプルシナリオ終了後は登録結果について以下の画面上から確認を行います。
登録結果確認画面 : 帳票データ取込一覧 > 取込履歴

10672_input4.png

取込履歴画面

トラブルシューティング

帳票データを登録出来ない場合、以下を確認してください。

発生事象確認内容

本サンプルシナリオが画面操作を行っている際に
エラー「ライブラリ実行(spv_Web)に失敗しました。」が発生する

WinActor の変数一覧を参照し、Xpath が指定されている変数を確認してください。
各変数に指定されている Xpath と、実際の画面の Xpath に相違がないか確認してください。
相違がある場合は正しい Xpath を設定してください。

楽楽明細の取込履歴に反映されない

WinActor の変数一覧を参照し、各変数値の設定内容に誤りがないか確認してください。

楽楽明細の取込履歴に取込結果「エラー」と表示される

楽楽明細の取込履歴を参照し、「エラーファイル」からダウンロードできるファイルを確認してください。

サンプルシナリオ解説

本サンプルシナリオで使用している実装テクニックについて説明します。

入力ファイルについて

本サンプルシナリオで使用する入力ファイルについて記載します。
Step 1. 楽楽明細で事前設定を行う」にて設定した形式に合わせて、CSVファイルを作成します。
具体例を下記に示します。

10672_input5.png


帳票CSVの取込フォーマット設定

画面操作について

本サンプルシナリオで行う画面操作について記載します。
本サンプルシナリオでは、操作対象を Xpath で特定して画面操作していきます。また、以下の画面遷移を行う前提でシナリオが構成されています。

  • 「管理画面」トップページ > 帳票データタブ > 帳票種別選択 > 発行方法選択 > CSVファイル選択 > 取込データの確認 > 取込開始

楽楽明細の環境差分によっては、上記の通りに画面遷移を行わない場合があります。
例えば、CSV形式で取り込める帳票が1つしか登録されていない場合、“帳票種別選択”の画面が表示されず、実行エラーとなります。

Xpath_ラジオボタン_帳票種別 設定方法(補足)

Step 5. 動作に必要な変数を設定2 (任意)」で記載している Xpath_ラジオボタン_帳票種別 の設定方法について補足情報を以下に記載します。
下記、「帳票の選択」画面の 帳票 で選択したいラジオボタンの Xpath を調べます。

10672_input6.png

帳票種別選択画面


各ラジオボタン <input>タグの "id"値 が "reportTypeId_<帳票種別ID>" で構成されている場合、帳票種別を変更するには変数「Xpath_ラジオボタン_帳票種別」 の 初期値「reportTypeId_1」の数字部分を選択したい帳票種別IDに変更すれば良いことになります。

例えば、帳票種別ID が 2 の帳票を選択するように変更したい場合は下記のように修正します。
 変更前://input[@type="radio"][@id="reportTypeId_1"]
 変更後://input[@type="radio"][@id="reportTypeId_2"]

Xpath_ラジオボタン_発行方法 設定方法(補足)

Step 5. 動作に必要な変数を設定2 (任意)」で記載している Xpath_ラジオボタン_発行方法 の設定方法について補足情報を以下に記載します。
下記、「発行方法の選択」画面で選択したいラジオボタンの Xpath を調べます。

10672_input7.png

発行方法選択画面

各ラジオボタン <input>タグの "id"値 は "isNewIssues_<発行方法>" で構成されており、
 新規発行の場合、 <発行方法> は 1
 差替発行の場合、 <発行方法> は 0
となっています。

そのため、差替発行を実施したい場合は下記のように修正します。
 変更前://input[@type="radio"][@id="isNewIssues_1"]
 変更後://input[@type="radio"][@id="isNewIssues_0"]

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2020/6/24
修正内容
初版

本サンプルシナリオをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

サンプルシナリオ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。