WinActor®を知る

WinDirector® powered by NTT-AT 製品紹介

WinDirector® powered by NTT-ATとは

「WinDirector® powered by NTT-AT (WinDirector® ver.2.0)」は「WinActor®」を効率的に管理・統制するための運用ツールです。オンプレミス(情報システムを使用者の設備内に設置するタイプ)やプライベートクラウドなどでの提供となります。

  • ユーザー管理が可能
  • シナリオとジョブ管理が可能
  • ジョブの稼動状況管理が可能
  • ライセンス状況の確認が可能

about_WinDirector_v20.png

WinDirector® powered by NTT-ATによるWinActor®(サーバー/クライアント環境)の集中管理イメージ




WinDirector® powered by NTT-ATの導入効果

WinDirector_effect.PNG




WinDirector® powered by NTT-ATの提供機能

WinDirector® powered by NTT-AT に搭載される主な機能をご紹介します。

(1) ジョブ管理機能

WinActor®で実行するシナリオを「ジョブ」として登録し、WinDirector® powered by NTT-ATが登録されたジョブを、即時・時間指定にて実行します。
ジョブの登録では、最大5つまでのシナリオを指定した順番の設定や、複数台のWinActorの同時実行の設定ができます。
また、「ジョブ一覧」や「実行ロボ状況確認」画面にて、ジョブの稼働状況が把握できます。

(2) 機能権限機能

ユーザーごとに利用する機能の設定を行います。権限の設定方法により、シナリオやジョブの登録可否を制限することができるため、権限や所属する組織によるガバナンスの統制を確保することができます。

(3) 端末管理機能

WinActor®実行版がインストールされている端末情報を登録し、管理をすることが可能です。また、登録されている端末のWinActor®のライセンス状況/バージョン、利用ステータスが確認できます。

(4) ユーザー管理

WinDirector® powered by NTT-ATを操作できるユーザーを登録することができます。

(5) シナリオ管理

WinActor®で作成したシナリオを登録・管理することができます。シナリオの登録時に組織情報に紐づけてシナリオの利用範囲を制限したり、管理者ユーザによる登録承認やシナリオのバージョン管理をすることができます。



WinDirector_dashbord1.png期間中の実行結果(成功/失敗/未実施)のパーセント表示

WinDirector_dashbord2.png期間中の実行結果稼働率の表示(シナリオ別)




サービス提供条件

  • オンプレミス(情報システムを使用者の設備内に設置するタイプ)やプライベートクラウドでの提供となりますので、ライセンス購入以外にサーバーの購入・構築費用等が別途発生します。

「WinActor®」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。「WinDirector®」は、株式会社NTTデータの登録商標です。

お問い合わせ お問い合わせ
※お見積りや製品デモなどのお問い合わせは、直接、販売代理店へお問い合わせください。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します