WinActor Manager on Cloud®

WinActor Manager on Cloudの製品紹介
複数のWinActor®をクラウド上で集中管理するためのサービスです。
WinActor Manager on Cloud を利用することで、より便利かつ効率的にWinActorを利用できます。

WinActor Manager on Cloud

WinActor Manager on Cloudの導入による、
WinActorの利用イメージ

WinActor Manager on Cloudを動画でご紹介

WinActor Manager on Cloud フル版
(5分49秒)

WinActor Manager on Cloud 概要~利用の流れ
(2分28秒)

WinActor Manager on Cloud機能詳細説明
(1分49秒)

WinActor Manager on Cloud の提供機能
WinActor Manager on Cloud に提供される主な機能をご紹介します。

フローティングライセンス管理
ライセンス管理

WinActor FL版(フローティングライセンス版)に対し、同時利用ライセンス数を動的に管理します。
すべてのライセンス契約情報(契約期間が終了したものは除く)を個別に表示することができます。
ライセンスの契約期限間近の場合、契約本数上限を超える要求または上限近くまでの消費状態で通知を出せます。

ライセンスグループ管理

グループを指定し、グループごとに利用できるフローティングライセンスの上限本数を管理できます。

ライセンス利用状況管理

WinActor Manager on Cloudに登録したWinActorは、ライセンスメニューのライセンス利用状況で、設定したWinActor名を表示できます。また、WinActor名での検索もできます。

利用情報管理
ユーザー管理

WinActor Manager on Cloud の管理ユーザーや他システムからの連携ユーザー(RESTful API連携利用時)のアカウントを管理します。後述するロール管理で作成したロールを割り当てることで、ユーザーごとに権限を細かく設定できます。
管理画面のログイン時には、必須となるID、パスワード入力の他、連携設定した認証アプリケーションに表示される文字列、もしくはIDに登録されたメールアドレスへ送信される文字列の入力といった多要素認証もご利用できます。

所属情報管理

WinActor Manager on Cloud で管理対象のスコープを指定する際に利用する所属情報(組織情報)を編集・一括登録・一括ダウンロードすることができます。

権限ロール管理

WinActor Manager on Cloudに作成したユーザーに割り当てるロール(役割)を作成・管理します。
シナリオ実行指示だけできるロールや障害監視だけができるロールなどの権限を細かく設定できます。

ダッシュボード

WinActorの状態やタスクの状態を俯瞰的に表示します。

メール通知機能

タスク終了時、ライセンス有効期限切れなどのタイミングでメール通知することができます。

パスワードリセット

ログインパスワードを忘れた場合、ユーザアカウントにメールアドレスを設定してあれば、各ユーザがWinActor Manager on Cloudログイン画面から仮パスワードを発行し、登録済のメールアドレスに仮パスワードを通知させることにより、パスワードをリセットできます。

お知らせ表示

WinActor Manager on Cloud画面のヘッダ部分に管理者からのお知らせを表示できます。ヘッダのお知らせ部分にマウスを置くと全文を表示します。

WinActor管理
               
WinActor管理

WinActorの状態を管理します。エラー等で停止しているPCの状態が確認できます。管理実行モードを利用することにより野良ロボット対策にもなります。
WinActorへ定期的に再起動指示を出せます。
エクスポートした設定情報を、WinActor Manager on CloudからWinActorへ設定することができます。(対象:WinActor Ver.7.3.0以降)

ファイル管理

WinActorからアップロード/ダウンロードされるファイルを管理します。WinActorに配布するシナリオや入力データファイル、WinActorがタスクを実行した結果、生成された出力ファイルをWinActor Manager on Cloud 内に保管して管理することができます。
各ファイルにタグを付けて、タグに合致したファイル一覧を表示させることができます。
ファイルは最大10個まで一括でアップロードできます。
サブメニューで「シナリオファイル」「アーカイブファイル」「その他のファイル」の検索結果に直接アクセスできます。

シナリオ管理

WinActorに配布するシナリオを管理します。シナリオ実行時に使用する入出力変数値、ファイル名やタイムアウトの時間などを設定することができます。

スケジュール管理

WinActorでのシナリオ実行スケジュールを管理します。シナリオ実行時に利用する入力データファイルやタスクの実行タイミングを設定することができます。過去に作成したスケジュールをコピーして編集し、新しいスケジュールとして登録することもできます。
繰り返しスケジュールは一日複数回の指定や複数曜日の指定することもできます。
入力パラメータにパスワード型を指定し、WinActorの変数値マスク機能と連携することで、パスワードなどをセキュアに扱うことができます。

タスク管理

WinActorに割り当てるタスクを管理します、タスクの停止や削除をすることができます。
実行予定時刻を過ぎても実行されないタスクを異常終了とすることができます。
タスク終了時に、スケジュール登録時に指定した条件(正常終了のみ/異常終了のみ/正常終了・異常終了いずれも/通知なし)でメール通知できます。

イベント管理

管理ユーザーのログイン・ログアウト、シナリオの登録・更新、スケジュールの登録・更新・削除・有効化・無効化、タスクの実行契機や結果などのイベント情報を管理します。イベント情報を一括してCSV形式でダウンロードすることもできます。
管理実行モードを指定していないWinActorの操作ログをWinActor Manager on Cloudで収集できます。(対象:WinActor Ver6.3.0以降)

複数シナリオ連携機能
(アンサンブル機能)

入力されたデータ一覧ファイルを分割して複数のWinActorで実行する、複数シナリオを連続して実行する、といった複数のシナリオを連携させることができます。以下の機能を提供しています。

連結複数のシナリオを連続して実行します。シナリオの出力結果を次のシナリオの入力とすることができます。
条件分岐シナリオの実行結果に基づいて次に実行するシナリオを決定することができます。
データ分割入力されたデータ一覧ファイルを分割し、複数のWinActorで処理を行うことで処理時間の短縮が期待できます。
  • 待ち合わせ:複数シナリオ実行中にそれらのシナリオの終了を待ち合わせることができます。
  • 承認:シナリオの処理結果を確認し、後段の処理を続けるかをユーザーが判断することができます。
  • データ駆動:即時、日時指定以外のシナリオ実行方法として、データを登録したタイミングで動作を開始することができます。
アンサンブルエディタ

複数のシナリオを連携して実行する「アンサンブル機能」をより使いやすくするため、シナリオの実行順やパラメータの受け渡しをエディタ画面上で設定できます。

シンプルモード

シナリオ実行のみを利用するユーザー専用のシンプルな画面を提供することで、少ない操作でシナリオ実行指示ができるようになります。
シンプルモードユーザーの画面は、シンプルモード用に指定されたシナリオのみタイル状に表示されており、タイルをクリックするだけで、予め指定されたWinActorでシナリオ実行画が可能です。

利用状況管理

ライセンス種別、ライセンスグループ名、期間など様々な条件に合致したWinActorの稼働状況をまとめてCSVファイルで取得し、利用状況を確認することができます。

外部連携
RESTfulAPI連携

他システムと連携するためのRESTful APIを提供します。他システムからタスクの実行指示や状態の監視等ができます。

サービス提供条件

  • 本サービスで管理できるWinActorの台数は最大100台とします。それ以上の台数のご利用をご要望の場合は、代理店までご相談下さい。
  • 本サービスで利用するインターネットプロトコルはIPv4とします。
  • 本サービスで提供する管理画面へのWebアクセス及びWinActorからのアクセスは、申込時にご指定いただく固定のグローバルIPアドレスからに限定させていただきます。
    ご指定いただけるグローバルIPアドレスの実アドレスは原則10アドレスまでとさせていただきます。
    これを超える場合は、代理店までご相談下さい。
  • 本サービスで提供する管理画面へWebアクセスする端末及び本サービスで管理するWinActorの設置場所は日本国内に限定します。
  • 本サービスで提供する管理画面へWebアクセスする際の推奨ウェブブラウザは、Google Chromeとします。
  • 本サービスの利用において、管理機能サーバからWinActorへの方向の通信については、月間(毎月1日から月末日まで)500GBを上限とします。
    月間500GBを超えた場合、別途定める料金表に従い、超過料金を請求します。
  • 本サービスの利用において、登録できる1ファイルのサイズは500MBを上限とします。また、本サービスに登録できるファイルの総サイズは100GBとします。
  • 本サービスで管理するイベント情報の保持期間は1年間とし、これを超えるものは自動的に削除されます。
  • 本サービスは、定期メンテナンスとして毎月第3月曜日午前0時から5時までの間、サービスの停止を含むメンテナンス作業を実施します。
    メンテナンスを実施する場合、実施日時、作業概要及びユーザーへの影響について、実施予定日の5営業日前までに本ホームページへ掲載します。
  • 本サービスの目標稼働率は、予め計画されたメンテナンスによるサービス停止時間を除き99.99%以上とします。

※WinActor Manager on Cloudの質問については
FAQの専用のカテゴリを確認ください。

WinActor 管理ツール一覧

お問い合わせ

お見積りや製品デモなどのお問い合わせは、直接、販売代理店へお問い合わせください。

※ お問い合わせの際は、
「よくあるご質問(FAQ)」をご確認ください。

このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。