NEW 更新 2021.04.28
サンプルシナリオ 外部サービス連携
「DocuSign」とAPI連携で署名グループのユーザ一覧をダウンロードするサンプルシナリオ

「DocuSign」とAPI連携し、署名グループごとのユーザ一覧をCSV形式でダウンロードするサンプルシナリオになります。

DocuSignを利用されている環境で、署名グループの利用状況をファイルベースで管理したい場合に利用します。

本サンプルシナリオをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

サンプルシナリオ概要

はじめに

「DocuSign」とAPI連携でドキュメントのダウンロードをするサンプルシナリオ(以降、本サンプルシナリオ)について説明します。

注意事項

本サンプルシナリオ利用時の注意事項はこちらです。

本サンプルシナリオの概要

本サンプルシナリオは、以下の処理を行います。

  • DocuSignとAPI連携し、アクセストークンの確認を行います。
  • アクセストークンの有効期限が切れていた場合、再発行処理を行います。
  • DocuSignとAPI連携し、署名グループごとのユーザ一覧をCSV形式でダウンロードします。

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • ノード/変数/変数値設定
  • ノード/変数/変数値コピー
  • ノード/変数/カウントアップ
  • 07_文字列操作/01_変形・整形/括弧書きの内側を取り出す.ums6
  • 07_文字列操作/01_変形・整形/改行コード追加
  • 07_文字列操作/03_連結/文字列の連結(2つ).ums6
  • 07_文字列操作/03_連結/文字列の連結(3つ).ums6
  • 07_文字列操作/03_連結/文字列の連結(4つ).ums6
  • 13_ファイル関連/01_テキストファイル操作/テキストファイル書込.ums6
  • 13_ファイル関連/01_テキストファイル操作/テキストファイル追記.ums6
  • 13_ファイル関連/01_テキストファイル操作/テキストファイル読込.ums6
  • 13_ファイル関連/02_ファイル操作/ファイル削除.ums6
  • 13_ファイル関連/05_ファイル名/フォルダパスとファイル名の連結
  • 98_構造データ関連/JSONファイル 配列サイズ.ums6
  • 98_構造データ関連/JSONファイル 配列読み取り.ums6
  • 98_構造データ関連/JSON変数 読み取り.ums6
  • 99_外部サービス連携/02_HTTP関連/HTTP.ums6

本サンプルシナリオの想定レベル

本ドキュメントは、以下の技術レベルのユーザを対象としています。

  • DocuSignの使い方について理解している。

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で動作確認しています。

  • Windows 10、WinActor 6.3.0
  • Windows 10、WinActor 7.2.0

制約事項

  • 本サンプルシナリオを実行するためには、DocuSignにアクセスするためのインターネット環境が必要です。
  • 本サンプルシナリオおよびドキュメントは、DocuSignにログインできる状態を前提に記載されています。

本サンプルシナリオの使い方

本サンプルシナリオの実施方法は以下の通りです。

Step1.シナリオ実行事前設定

本サンプルシナリオではシナリオ実行前の手順として、「「DocuSign」とAPI連携の初期設定を行うサンプルシナリオ」を実行し、「Basic認証キー.txt」「アクセストークン.txt」「リフレッシュトークン.txt」を生成しておく必要があります。


Step2.WinActorで本サンプルシナリオを読み込み

任意のディレクトリに本サンプルシナリオのシナリオファイルとStep1で生成した「Basic認証キー.txt」「アクセストークン.txt」「リフレッシュトークン.txt」を配置します。
その後、本サンプルシナリオをWinActorで読み込みます。


Step3.動作に必要な変数の設定・確認

本サンプルシナリオを実行するために必要な値を、変数一覧で設定・変更します。
以下の変数を必要に応じて設定・変更してください。

  • 署名リスト格納先フォルダ
    • CSVファイルを格納するフォルダを指定してください。

15062_3-1.png
変数一覧



Step4.WinActorで本サンプルシナリオを実行

本サンプルシナリオを実行します。
シナリオ実行後、groupsフォルダの下に署名グループごとのユーザ一覧CSVファイルが作成されます。


Step5.サンプルシナリオ実行終了後の確認

シナリオ実行終了後、groupsフォルダに署名グループ名のフォルダが作成されていることを確認してください。
フォルダ名は「[署名グループ名]_[署名グループID]」の形式になっています。
例:部署管理者_XXXXXX.csv


トラブルシューティング

本サンプルシナリオでは、HTTPリクエストを使用しています。
シナリオ実行中にエラーが表示される場合はお手数ですが、WinActor本体のプロキシ設定のご確認や、「応答ステータス」変数の値に格納されたレスポンスステータスコードのご確認をお願いします。

サンプルシナリオ解説

本サンプルシナリオで使用している実装テクニックについて説明します。

出力形式をCSVから変更する

本サンプルシナリオではユーザ一覧をCSV形式で出力していますが、出力処理を行っているノードを置き換えることで別の形式で出力させることも可能です。
以下の「テキストファイル書き込み」ノードでヘッダ情報を書き込み、「テキストファイル追記」でユーザ情報を書き込んでいますので、これらを別のノードに変えることでカスタマイズできます。

15062_tech_1.png
ユーザ一覧を出力する処理

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2021/4/28
修正内容
初版

本サンプルシナリオをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"外部サービス連携"に関連するその他のサンプルシナリオ

サンプルシナリオ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。