シナリオの配置を監視してシナリオ実行する常駐型サンプルシナリオ

New
2019.07.19【01_WinActor制御】

シナリオファイルがフォルダに配置されるのを監視し、配置されたコマンド用シナリオファイルを実行する常駐型のサンプルシナリオとなります。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
76.0 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 01_WinActor制御/02_シナリオ制御/シナリオGoto.ums5
  • 07_文字列操作/01_変換・整形/文字列置換.ums5
  • 13_ファイル関連/02_ファイル操作/ファイル削除.ums5
  • 13_ファイル関連/02_ファイル操作/ファイル移動.ums5
  • 13_ファイル関連/04_ファイル一覧/先頭ファイルの取得.ums5
  • 13_ファイル関連/05_ファイル名/シナリオフォルダのファイルパス.ums5

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • 実行対象コマンド用シナリオファイルの事前削除
  • 常駐型シナリオにするための無限ループ処理

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 10
  • WinActor 5.3.1、WinActor 6.1.0

制約事項

  • コマンド用シナリオファイルとして利用するシナリオでは、シナリオの最後に「シナリオGoto」を配置して、本サンプルシナリオの実行呼び出しを行う必要があります。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します