エミュレーションを用いてExcelフィルタの検索条件においてワイルドカードでの絞込みを行うサンプルシナリオ

2019.07.03【04_自動記録アクション】

WinActorのエミュレーションライブラリを用いてExcelフィルタの検索条件においてワイルドカードで絞り込みを行うサンプルシナリオとなります。本サンプルシナリオを用いることで、今までのライブラリでは実現できなかった、Excelの数値フィルタでのワイルドカードによる絞込みが可能になります。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
45.2 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 04_自動記録アクション/エミュレーション.ums5
  • 13_ファイル関連/05_ファイル名/シナリオフォルダのファイルパス.ums5
  • 18_Excel関連/10_フィルタ操作/Excel操作(フィルタ設定).ums5
  • 18_Excel関連/11_カーソル操作/Excel操作(カーソル移動).ums5

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • フィルタウィンドウを表示するための準備
  • エミュレーションを用いてワイルドカードを含むフィルタを指定

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 10、WinActor 5.3.1、Microsoft Excel 2016
  • Windows 10、WinActor 6.0.1、Microsoft Excel 2019

制約事項

  • Excelのバージョン等で、フィルタウィンドウのレイアウトが異なる場合は正常に動作しない可能性があります。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します