マウスドラッグによる範囲選択を行うサンプルシナリオ

2019.02.19【04_自動記録アクション】

WinActorの画像マッチングを2つ組み合わせて、マウスドラッグ操作によってWEBページ内の範囲選択を行うサンプルシナリオとなります。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
264.4 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 01_WinActor制御/06_シナリオ情報/シナリオファイル名取得.ums5
  • 04_自動記録アクション/エミュレーション.ums5
  • 07_文字列操作/03_連結/文字列の連結(3つ).ums5
  • 17_IE関連/URLを指定してIE起動.ums5
  • ノード/アクション/画像マッチング
  • ノード/アクション/指定時間待機
  • プチライブラリ/23_ブラウザ関連/ブラウザのズームを100%にするライブラリ
    (プチライブラリは こちら からダウンロード可能です。)

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • マウスドラッグ操作を画像マッチングで疑似的に実現する
  • 画像マッチングの精度を上げるための処理

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 10
  • WinActor 5.3.0
  • Internet Explorer 11
    Twitterでシェア Facebookでシェア
    ページの最上部に移動します