WinActorノートで表形式のテキストファイルから特定列を抽出するサンプルシナリオ

v6専用
2019.05.31【25_WinActorノート】
空白区切りで表形式になっているテキストフォーマットから、WinActorノートを用いて特定列を抽出するために編集加工をするサンプルシナリオです。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
178.6 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 07_文字列操作/03_連結/文字列の連結(4つ).ums6
  • 07_文字列操作/04_数値に関する変換/数値の書式変換.ums6
  • 13_ファイル関連/02_ファイル操作/コマンド実行.ums6
  • 25_WinActorノート/動作モード変更.ums6
  • 25_WinActorノート/テキストファイル読み込み.ums6
  • 25_WinActorノート/ブロック検索ツール.ums6
  • 25_WinActorノート/ブロック抽出ツール.ums6
  • 25_WinActorノート/ブロック番号指定ツール.ums6
  • 25_WinActorノート/ブロック分割ツール.ums6
  • 25_WinActorノート/状態読み取り.ums6

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • テキストファイルをWinActorノートに読み込む
  • WinActorノートで正規表現を用いて処理対象の行のみを残す
  • WinActorノートで正規表現を用いて文字列分割を行う

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 10
  • WinActor 6.0.0

制約事項

  • 検索フォルダは、ファイルが存在するフォルダを指定してください。
  • 検索結果ファイルは、存在するパスを指定してください。
  • 検索対象となるフォルダ名およびファイル名に半角スペースがある場合、エラーが発生しますので予め半角スペースを除去してください。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します