2021.03.29
サンプルシナリオ WinActorEye
指定色探索機能を用いてサンプル用HTMLページから目的のページを探すサンプルシナリオ

WinActorEyeの指定色探索機能を用いて、サンプル用HTMLページ(以下、サンプルページ)から色情報をもとに目的のページを探すサンプルシナリオです。

Ver.7.2.0同梱WinActroEyeおよび指定色探索機能を使用したシナリオの作成方法を学習することが可能です。

本サンプルシナリオをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

サンプルシナリオ概要

はじめに

WinActorEyeの指定色探索機能を用いて、サンプルページ上から緑色のアイコン(Excel関連)を探して該当ページへ移動するサンプルシナリオ(以降、本サンプルシナリオ)について説明します。
本サンプルシナリオでは、Excel関連のアイコンを示す緑色を指定色探索機能で色リソースとして指定してサンプルページ上から探し出しています。

注意事項

本サンプルシナリオ利用時の注意事項はこちらです。

本サンプルシナリオの概要

本サンプルシナリオは、以下の処理を行います。
処理は大きく「サンプルページの表示」「メイン処理」の2つに分かれます。

  • サンプルページの表示
    • サンプルページを開きます。
    • 表示倍率や位置を調整します。

  • メイン処理
    • 入力画像の指定した座標上の色を色リソースとして抽出します。
    • WinActorEyeの指定色探索機能でサンプルページ内に色リソースと同じ色がないかマッチングします。
    • マッチした箇所を左クリックし、詳細画面を表示します。

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、主に以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 26_WinActorEye/Eye:マクロ読込み実行
  • 26_WinActorEye/矩形数取得
  • 26_WinActorEye/座標数取得
  • 26_WinActorEye/座標情報の取得・マウス操作
  • 26_WinActorEye/画像ファイル読み込み

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で動作確認しています。

  • Windows 10、WinActor 7.2.0、Internet Explorer11 11.00.18362.1、ディスプレイ解像度 1920×1080

制約事項

ディスプレイ解像度が低い場合、マッチングに失敗することがあります。


本サンプルシナリオの使い方

本サンプルシナリオの使い方は以下の通りです。
WinActorEyeの指定色探索機能、スポイトツールについては「WinActorEye操作マニュアル」を参照してください。

Step1.サンプルシナリオの読み込み

ダウンロードしたZIPファイルを展開し、展開したフォルダに含まれている本サンプルシナリオをWinActorで読み込みます。


Step2.動作に必要な変数の設定・確認

本サンプルシナリオを実行するために必要な値を、変数一覧で設定・変更します。
以下の変数を必要に応じて設定・変更してください

  • 画像ファイル名
    • 探したい色(本サンプルシナリオでは緑色)を含む画像ファイル名を指定します。
      使用する画像ファイルは「image」フォルダ配下に配置する必要があります。

14391_input[0].png
変数一覧



Step3.サンプルシナリオの実行

WinActorで本サンプルシナリオを実行開始します。
Webブラウザに表示された画面から、変数「画像ファイル名」で指定した画像に含まれる「色」を含む矩形を検索します。


Step4.サンプルシナリオの終了後の確認

一致する色が見つかった場合、サムネイル画像がクリックされ詳細ページが表示されます。
一致する色が見つからなかった場合、「対象画像がありませんでした」というダイアログが表示されます。



トラブルシューティング

本サンプルシナリオでは、変数指定が不十分であった場合、エラーメッセージが出力されます。
詳細については、エラーメッセージ一覧を参照してください。

サンプルシナリオ解説

本サンプルシナリオで使用している実装テクニックについて説明します。

1.WinActorEyeを使用して画像から色リソースを抽出する方法について

WinActorEyeで色情報を扱うには色リソースに使用したい色を登録する必要があります。
本サンプルシナリオではスポイトツールによって画像リソースの指定した位置から色情報を抽出しています。
スポイトツールを使った色情報の抽出方法は以下の通りです。
画像リソースおよび座標リソースの登録方法は「WinActorEye操作マニュアル」を参照してください。

Step.1 色リソースに登録したい色を含む画像を画像リソースに登録します。
Step.2 画像リソースから色情報を抽出する位置を座標リソースに登録します。
Step.3 Step.1、2で登録した画像リソースおよび座標リソースを入力に指定してスポイトツールを実行します。

14391_input[1].png
色リソースの登録方法



2.探す色を変更する方法について

本サンプルシナリオでは、「image」フォルダ配下の探したい色を含む画像ファイルをシナリオ上で指定することで、WinActorEyeの色リソース登録を実現しています。
探す色を変更する場合は探したい色を含む画像ファイルを予め「image」フォルダに配置し、変数「画像ファイル名」の初期値を変更してください。
また、シナリオを実行する前にWinActorEyeの画面上で座標リソースが画像リソースの探したい色と同じ位置か確認してください。



3.複数のマッチング箇所から任意のマッチング箇所を指定してクリックさせる方法について

本サンプルシナリオではWinActorEyeの選択アルゴリズム機能によって、マッチングした2つの矩形情報のうち左側に存在する矩形情報を選択するように設定しています。
選択アルゴリズム機能の「選択アルゴリズム」を変更することで、複数のマッチング箇所から任意のマッチング箇所を指定することが可能です。

以下の手順でクリックさせるマッチング箇所を変更することが可能です。
前提:予めサンプルシナリオに同梱されている「SearchTargetScenario.json」を、WinActorEyeのマクロ編集画面に読み込ませてマクロを実行させておいてください。
詳しい操作方法は「WinActorEye操作マニュアル」を参照してください。
Step.1 マクロ編集画面の記録状態をONに設定し、フィルタメニューから「選択アルゴリズム」をクリックします。
Step.2 入力矩形リソースを「探索結果矩形リソース」、出力矩形リソースを「選択結果矩形リソース」に指定します。
Step.3 選択アルゴリズムを任意の値に設定して実行します。本サンプルシナリオでは「最も左」を設定しています。
Step.4 既に記録していたマクロと新しく記録したマクロを入れ替えて保存します。

14391_input[2].png
選択アルゴリズム機能の設定画面




14391_input[3].png
記録したマクロの編集

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2021/3/29
修正内容
初版

本サンプルシナリオをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"WinActorEye"に関連するその他のサンプルシナリオ

サンプルシナリオ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。