WinActor®を知る

WinActor®製品紹介

WinActor®とは

WinActor®は、現場フレンドリーな業務改善を実行するパートナーです。業務の手順を「シナリオ」として記憶し、同じ操作を何回でも繰り返し実行することができます。2010年にNTTの研究所で生まれた純国産RPAツールであり、金融業から物流・小売業と幅広い分野の4,000社を超える企業に導入されています(2019年9月末時点)。


WinActor®の特長

WinActor®は以下の特長を備え、現場が自ら考え自律的な変革を起こすことをサポートします。

現場で磨き抜かれた使いやすさ

実際にNTTグループ社内で利用し続け、日本企業の働き方に合うように改修を重ねています。ITに精通していない現場の業務担当者が、直感的にシナリオを開発・改修することが可能です。

現場に寄り添うサポート

全国にある日本の販売代理店が、現場の導入をサポートします。NTT-ATとして販売代理店の認定制度も整備しており、信頼のおけるパートナーをご紹介可能です。

現場から始められるクライアントPC実行型

IT導入のような大規模投資や、長期間の開発を必要とせず、クライアントPC1台から導入を始めることが可能です。

以下のPDFにてWinActor®の特長、導入効果や業務への適用例などを具体的に説明しております。

WinActor®の特長(PDF)



WinActor®の新機能の紹介

WinActor®Ver.6 機能紹介ページへ



NTTの技術力

WinActor®は、全7件のNTT特許技術を活用しています。


flier20180712NTTATr3.png

WinActor®にてNTT特許技術を活用している箇所の例

動作環境・価格

動作環境・価格ページへ

お問い合わせ お問い合わせ
※お問い合わせの際は、「よくあるご質問(FAQ)」をご確認ください。
※お見積りや製品デモなどのお問い合わせは、直接、販売代理店へお問い合わせください。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します