UTF-8のコードページ(65001)でコマンド実行した結果をファイルに保存するライブラリ

2019.09.26【13_ファイル関連】

UTF-8のコードページ(65001)でコマンド実行した結果をファイルに保存します。

※本ライブラリをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
1.3 KB
入力
コマンド:実行するコマンドを指定してください。
     例)「C:\Program Files」配下のフォルダをリストアップする場合
       「dir /S /B /ad "C:\Program Files"」
保存ファイル名:実行結果を保存するファイル名を絶対パスで指定してください。
出力
UTF-8のコードページ(65001)でコマンド実行した結果が保存されたテキストファイル
詳細
動作確認環境
WinActor5.3.1、Windows10
WinActor6.1.0、Windows10
キーワード
cmd,command,文字コード
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します