2022.01.24
プチライブラリ ファイル関連
ファイル複数削除(最終更新日からの経過日数)

対象のフォルダに格納されているファイルの中から、指定した経過日数以前に更新されたファイルを削除します。

(補足)
ファイルは完全に削除され、元に戻せません。
ファイルが開かれている等、ロックされているファイルは削除されません。
ロック中のファイルが削除対象に含まれている場合、その他のファイルを削除した場合でも実行結果はFalseになります。

・ 一定期間が過ぎたファイルをフォルダ/経過日数/ファイル名のワイルドカード指定等を指定することにより削除できます。

・削除したファイルをログファイルに残しておきたい場合などに利用できます。

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

プチライブラリ概要

入力
【対象フォルダ】
削除対象のファイルが格納されているフォルダパスを絶対パスか相対パスで指定してください。

【対象ファイル条件】
削除対象のファイルの条件を指定してください。
空白の場合は、フォルダ内にあるすべてのファイルが対象となります。
「*」で指定した場合は任意の文字列が入ったファイルを対象とします。
また「?」で指定した場合は任意の1文字が入ったファイルが対象になります。
任意の2文字を指定した場合は「??」としてください。

(例)
フォルダ内にtestABC.txt testA.txt ABCFILE.txt test.pdfが存在する場合

拡張子指定:*.txt
testABC.txt testA.txt ABCFILE.txt が削除対象

条件指定1:test*.txt(*の部分は任意の複数文字)
testABC.txt testA.txt が削除対象

条件指定2:test?.txt(?の部分は任意の1文字)
testA.txt が削除対象

【経過日数】
削除対象の条件となる、最終更新日からの経過日数を0以上の整数で指定してください。
ライブラリを実行した日付が基準となります。
0を指定した場合はライブラリ実行日以前の全ファイル、3を指定した場合はライブラリ実行日から数えて3日前に最終更新された全ファイルが対象となります。

【サブフォルダを含む】
サブフォルダ内のファイルも削除対象にする場合は「含む」を、削除対象にしない場合は「含まない」を指定してください。
デフォルト値:含まない

【ログ出力】
削除したファイルに関するログの出力要否を指定してください。
ログを出力する場合は「する」を、ログを出力しない場合は「しない」を指定します。
ログファイルは、開いているシナリオのフォルダに出力されます。
ログファイルのファイル名は「WinActor_PS_FileDelete_yyyymmddhhmmss.log」です。
ログに出力される情報は、処理の成功/失敗、対象ファイルのフルパスと対象ファイルの更新日時です。
デフォルト値:しない

【結果】
結果を格納する変数を指定してください。
すべての対象ファイルの削除に成功した場合はTrueが、1件でも失敗した場合はFalseが格納されます。
出力
削除結果を記録したログファイル
詳細
動作確認環境
・WinActor6.3.2、Windows10、PowerShell5.1.18362.1801
・WinActor7.1.1、Windows10、PowerShell5.1.18362.1801
・WinActor7.3.1、Windows10、PowerShell5.1.18362.1801
キーワード
ファイル,削除,更新日,経過,フォルダ,日数,日前,以前,サブフォルダ,ワイルドカード

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2022/1/24
修正内容
スイートライブラリ「ファイル操作(n日前までに更新されたファイルの削除)」からプチライブラリへ昇格

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"ファイル関連"に関連するその他のプチライブラリ

プチライブラリ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。