2019.05.31
プチライブラリ 構造データ関連
xml関連(xpathで指定した要素数を取得)

指定したxmlファイルの要素数をxpath指定で取得します。
xmlファイル形式以外を指定した場合、エラーになります。

・指定したxmlファイルの要素数比較などに利用できます。

・「xmlファイル情報の一覧化」ライブラリで、指定可能なxpathを確認できます。

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

プチライブラリ概要

入力

【対象ファイル名】
対象のxmlファイルを指定してください。(絶対パス)

【xpath】
対象の要素をxpathで指定してください。

(例)
<data><test>abc</test></data>の場合、「/data/test」

【要素有無】
取得した値を格納する変数を指定してください。
取得した値が存在する場合、true

【要素数】
取得した値を格納する変数を指定してください。

出力

xmlファイルの指定した要素の有無と要素数が格納された変数

詳細
動作確認環境
・WinActor6.3.2、Windows10
・WinActor7.3.1、Windows10
キーワード

タグ,エレメント,マークアップ,count

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2019/5/31
修正内容
初版
版数
1.1版
日付
2022/1/24
修正内容

・カテゴリを構造データ関連に変更
・ライブラリIDを変更
・ライブラリの注釈体裁を変更
・ファイル名を「PL1905_357_XMLRelated_GetNumberOfElementsSpecifiedByXpath_1.0.1.ums6」に変更
・本ページのタイトルを変更
 変更前:xmlファイルの要素数をxpathで取得するライブラリ
 変更後:xml関連(xpathで指定した要素数を取得)

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"構造データ関連"に関連するその他のプチライブラリ

プチライブラリ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。