受信メールからWinActorノートを用いて必要な情報を抽出し、Excelで一覧化するサンプルシナリオ

Newv6専用
2019.07.31【20_メール送信(V5)/20_メール関連(V6)】

メール受信機能とWinActorノートを用いて、受信メールから必要な文字列を抽出し、Excelで一覧化するサンプルシナリオとなります。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
387.0 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 18_Excel関連/Excel操作(値の設定2).ums6
  • 20_メール関連/03_WinActorメール管理/メール受信.ums6
  • 20_メール関連/03_WinActorメール管理/メールフォルダ同期.ums6
  • 20_メール関連/03_WinActorメール管理/メール情報取得.ums6
  • 20_メール関連/03_WinActorメール管理/メール状態変更.ums6
  • 20_メール関連/03_WinActorメール管理/メール選択.ums6
  • 25_WinActorノート/クリップボードから読み込み.ums6
  • 25_WinActorノート/ブロック検索ツール.ums6
  • 25_WinActorノート/変数に取り込み.ums6
  • 25_WinActorノート/編集ツール.ums6

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • WinActorデモ用メールサーバの利用
  • メール本文から必要な情報を抽出するためのWinActorノートによる文字列編集加工
  • メール受信処理に対するエラー処理
  • シナリオでのメール受信設定変更

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 10
  • WinActor 6.1.0
  • Microsoft Excel 2019
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します