Outlookのメール送信・予定を使ってリマインダを送るサンプルシナリオ

2019.03.29【20_メール送信(V5)/20_メール関連(V6)】
WinActorのライブラリ(Outlook操作)を用いたサンプルシナリオです。 Excel内の日付を確認し、締切間際の情報がある場合にリマインダメールを送信、または予定追加をするサンプルシナリオとなります。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
158.6 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 20_メール送信/01_Outlook操作/Outlookメーラ起動.ums5
  • 20_メール送信/01_Outlook操作/Outlook メール送信.ums5
  • 20_メール送信/01_Outlook操作/Outlookメーラ終了.ums5
  • 20_メール送信/01_Outlook操作/Outlook 新しい予定の登録.ums5
  • 08_日付関連/日付取得(書式指定).ums5
  • 08_日付関連/日付差計算.ums5
  • 18_Excel関連/Excel操作(値の取得2).ums5
  • 18_Excel関連/01_ファイル操作/Excel開く(前面化).ums5
  • 18_Excel関連/01_ファイル操作/Excel操作(保存なしで閉じる).ums5
  • 18_Excel関連/03_行列操作/Excel操作(行コピー).ums5

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • Excelから特定列のデータを取得する
  • Excelから文字列として日付情報を取得する
  • 日付の比較
  • Outlookメール送信
  • Outlook予定の追加

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で確認しています。

  • Windows 7
  • Outlook 2016
  • WinActor 5.3.1

制約事項

  • 本サンプルシナリオを実行するためには、Outlook 2016によるメール送信が可能なインターネット環境が必要です。
  • 本サンプルシナリオ実施時、Outlookの設定によっては、セキュリティ警告が出ることがあります。
  • Outlookの設定、利用方法などについては、Microsoft社のドキュメントを参照してください。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します