NEW 更新 2020.06.30
プチライブラリ 外部サービス連携
Accessに指定のSQL文を実行するライブラリ

指定されたAccessファイルに作成されている単一のテーブルまたは複数のテーブルの操作を、SQLを指定して実行します。
Accessのクエリが実現できるSQL文が指定できます。
SELECT処理の結果は、出力対象ファイル名の出力対象シート名に出力されます。
SQLの実行結果は、処理件数として返されます。

Accessでデータ操作をされるユーザ向けのライブラリです。
複数行の取得等、Accessのクエリで操作可能なSQL文を実行することができます。

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

プチライブラリ概要

入力

【種別】
実施する処理を「SELECT」「INSERT」「UPDATE」「DELETE」の中から選択してください。

【ファイル名】
操作対象のファイルを絶対パスか相対パスで指定してください。

【SQL】
種別に該当するSQL文を設定してください。
例) SELECT * FROM Table1

INSERT INTO Table1 (ID, 会社名, 住所)
VALUES (3, 'サンプル株式会社', 'ABC県,XYZ市')

UPDATE Table1 SET 会社名 = 'Sample社', 住所 = 'N町'
WHERE ID = 2

DELETE FROM Table1 WHERE ID = 5

【出力対象ファイル名】
種別で「SELECT」が選択されている場合、
取得したデータを格納するEXCELファイルを絶対パスか相対パスで指定してください。
※格納先のフォルダに同名のExcelファイルがある場合は、上書きされます。また、事前にファイルを閉じてください。

【出力対象シート名】
種別で「SELECT」が選択されている場合、
出力対象ファイル名で指定したEXCELファイルのシート名を指定してください。
指定がない場合は、デフォルトのSheet1になります。

【処理件数】
処理件数を格納するための変数を指定してください。
SQL文が実行された後の処理件数が変数に格納されます。

出力
指定のSQLが実行されたAccessファイル、処理件数が格納された変数、Select結果が出力されたExcelファイル
詳細
動作確認環境
・WinActor6.3.0、Windows10、Access2019
・WinActor7.0.2、Windows10、Access2019
キーワード
Access,テーブル,SQL,SELECT,INSERT,UPDATE,DELETE,読み込み,取得,挿入,更新,削除,複数,エクスポート

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2020/6/30
修正内容
初版

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"外部サービス連携"に関連するその他のプチライブラリ

プチライブラリ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。