2020.03.13
プチライブラリ ブラウザ関連
Webページを画像ファイルで保存するライブラリ

指定されたWebページの画像をPNGファイルフォーマットにて作成します。
保存範囲の高さ、幅に指定がない場合は、Webページ全体の画像を作成します。
保存範囲の高さ、幅を指定した場合は、ブラウザのウィンドウサイズを指定の高さ、幅とした状態の画像を作成します。
本ライブラリはIE、Chromeが利用可能な環境でのみ動作します。

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

プチライブラリ概要

入力
【URL】
画像として保存したいWebページのURLを指定してください。
「http://」もしくは「https://」にて開始されるURLのみ許容されます。

【chrome.exeのパス】
chrome.exeを絶対パスか相対パスで指定してください。
相対パスの基点は実行中のシナリオファイルが配置されているフォルダです。

【保存ファイル名】
保存するファイル名を絶対パスか相対パスで指定してください。
相対パスの基点は実行中のシナリオファイルが配置されているフォルダです。

【コマンド待機時間(ミリ秒)】
画像を作成するコマンドを発行後、待機する時間を指定してください。
未設定の場合は、5000が設定されます。
WinActorが正常終了し、画像が出力されない場合、待機時間を増やしてください。
待機時間不足により画像が出力されない場合もエラーは発生しません。

【保存範囲高さ(ピクセル)】
画像サイズを指定したい場合は、画像として保存したいWebページの範囲(高さ)を1~10000の整数値で指定してください。
未設定の場合は、Webページ全体の高さが設定されます。

【保存範囲幅(ピクセル)】
画像サイズを指定したい場合は、画像として保存したいWebページの範囲(幅)を1~10000の整数値で指定してください。
未設定の場合は、Webページ全体の幅が設定されます。

以下の場合、ヘッダ、フッタ以外が白紙の画像が作成される可能性があります。
・存在しないサーバ等Chromeのエラー画面が表示されるURLを指定
・プロキシサーバを経由した環境で実行
出力
指定のWebページの情報が転記された画像ファイル
詳細
動作確認環境
・WinActor6.3.0、Windows10、Internet Explorer 11、Google Chrome80
キーワード
Chrome,画像,キャプチャ,スクリーンショット

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"ブラウザ関連"に関連するその他のプチライブラリ

プチライブラリ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。