Excelファイルを印刷するライブラリ

人気
2019.09.10【18_Excel関連】

指定したExcelファイルを印刷します。
印刷に関わる各設定は事前にExcel側で行ってください。

※本ライブラリをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
2.9 KB
入力
入力ファイル名:印刷したいExcelのファイルをを絶対パスか相対パスで指定してください。
      (ファイルパスの取扱に関する詳細はこちらをご覧ください。)
シート名:印刷するシートを指定します。(未指定時はアクティブなシート)
プリンター名:印刷したいプリンターの名前を指定します。
 (未指定や存在しないプリンタ名を指定時はExcel上で選択されているプリンターが利用されます)
 ※共有プリンターの場合には"\\{コンピューター名}\{共有プリンター名}"で
  指定してください。
 例)コンピューター名"MyComputer"で共有プリンター名"MyPrinter"の場合
   \\MyComputer\MyPrinter
部数:印刷を行う部数を指定します。(未指定時は1部)
部単位:複数部数の場合に部単位で印刷を行うか指定します。
開始ページ数:印刷開始ページ数を指定します。(未指定時は先頭ページ)
終了ページ数:印刷終了ページ数を指定します。(未指定時は最終ページ)
出力
指定したExcelファイルが印刷されたプリンタのジョブ
詳細
入力の"プリンター名"未指定時の補足説明
Excel起動時もしくはExcelファイルが開かれた時に選択されるプリンターはWindows上の設定に基づきます。
Windows10の場合こちらをご覧ください。

入力の"プリンター名"指定時の注意点
プチライブラリでの印刷実行後、Excelの選択プリンターは指定されたプリンターに切り替わります。

■改修履歴
・相対パスによるファイル指定に対応(2019/10/17 更新)
動作確認環境
・WinActor5.3.1、Windows10、Excel2016(2019/09/09 初回)
・WinActor6.1.0、Windows10、Excel2019(2019/09/09 初回)
・WinActor6.2.0、Windows10、Excel2019(2019/10/17 更新)
キーワード
エクセル,プリント,コピー,紙
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します