Excelファイルの選択範囲をソートするライブラリ

人気更新
2018.11.09【18_Excel関連】

指定されたExcelファイルの選択範囲をソートします。
フィルタをかけるためのキーを選択できます。
並び替え順序(昇順・降順)を選択できます。
選択範囲の1行目を見出しとするか選択できます。

※本ライブラリをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
3.0 KB
入力
ファイル名:操作対象のファイルを絶対パスか相対パスで指定してください。
      (ファイルパスの取扱に関する詳細はこちらをご覧ください。)
シート名:操作対象のシート名を指定してください。(空の場合はアクティブなシート)
絞込キーのセル位置:フィルタをかけるためのキーのセル位置を指定してください。(例: C1 )
並び替え順序:順序を指定してください。 (昇順:1、降順:2)
ヘッダを含む:選択範囲の1行目を見出しとするか指定してください。
0(Excelが自動的に設定)
1(見出しとして使用、1行目ソート対象外)
2(見出しとして使用しない、全範囲ソート、デフォルト)
出力
指定されたセルがソートされたExcelファイル
詳細
■改修履歴
・環境によってExcelファイルを開いているかの判定が正しく動作せず、本ライブラリ実行時に複数Excelファイルを開いていると、指定していないExcelファイルが操作される不具合対応(2019/06/25 更新)
・ファイルパスの半角/全角、ひらがな/カタカナを区別していないため、「SAMPLE/テスト.txt」というようなファイルを開いている状態で、「SAMPLE/てすと.txt」を指定したときに「SAMPLE/テスト.txt」が操作されてしまう不具合対応(2019/06/25 更新)
・相対パスによるファイル指定に対応(2019/10/17 更新)
動作確認環境
・WinActor5.1.3、Windows10、Excel2016(2018/09/28 初回)
・WinActor5.3.1、Windows10、Excel2016(2019/06/25 更新)
・WinActor6.2.0、Windows10、Excel2019(2019/10/17 更新)
キーワード
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します