人気 更新 2021.11.30
スイートライブラリ 外部サービス連携
リモートデスクトップ画面起動

指定したリモートデスクトップの画面を起動します。

(補足)
PowerShellを利用してリモートデスクトップの起動を行い、「Test-NetConnection」コマンドで接続先のポート確認を行っています。
リモートデスクトップ側でエラーが発生した場合、ライブラリはエラーを検知できずに正常終了し、処理が続行されてしまう場合があります。

ライブラリ実行時にリモートデスクトップの設定が変更されるため、以下についてご注意ください。
・資格情報保存で「する」を指定した場合、パスワード設定なしで接続可能となります。
 資格情報マネージャーのWindows資格情報「汎用資格情報」に「TERMSRV/サーバ」を一度登録してから起動しています。

・リモートデスクトップのウィンドウで「元に戻す(縮小)」を行ってから閉じると、次回幅を指定して実行しても画面が縮小された状態で立ち上がります。幅を指定せず全画面表示にする場合は影響はありません。

・幅や高さを指定するとリモートデスクトップの起動画面の「オプションの表示(O)」にある「画面」-「画面の設定」が設定されます。

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

スイートライブラリ概要

入力
【サーバ】
接続先のサーバをIPアドレスまたはサーバ名で指定してください。

【ポート】
ポート番号を指定してください。
空白の場合は、デフォルト値「3389」が設定されます。

【ユーザID】
接続先のユーザIDを指定してください。

【パスワード】
接続先のパスワードを指定してください。

【起動待ち時間(秒)】
リモートデスクトップが立ち上がってから、「はい」のボタンを操作する時間を指定してください。
空白の場合はデフォルト2秒で設定されます。
リモートデスクトップが正常に動作しない場合は時間を増やしてください。

【資格情報保存】
汎用資格情報に接続情報の保存をするかしないかを指定してください。

【幅】
リモートデスクトップ画面の幅を指定してください。
幅と高さを指定しない場合は全画面で表示されます。
幅の最大値は3840まで指定できます。

【高さ】
リモートデスクトップ画面の高さを指定してください。
幅と高さを指定しない場合は全画面で表示されます。
高さの最大値は2160まで指定できます。
幅を指定した場合でも高さは省略が可能です。その場合はリモートデスクトップ側で高さが調整されます。

【ライブラリ終了待ち】
リモートデスクトップ起動中は、当ライブラリを待ち状態にする場合は「する」、起動後に処理を抜ける場合は「しない」を指定してください。
「する」を指定した場合、リモートデスクトップが閉じられるまで当ライブラリは終了しません。
動作確認環境
・WinActor6.3.1、Windows10
・WinActor7.3.0、Windows10

変更履歴

版数日付修正内容
版数
1.0版
日付
2021/11/30
修正内容
初版

本ライブラリをダウンロードする前にこちらの注意事項を必ずご確認ください。

"外部サービス連携"に関連するその他のスイートライブラリ

スイートライブラリ一覧へ戻る
このウェブサイトでは、お客様に最適なユーザー体験を向上するためにCookieを使用しています。
本サイトをご利用いただくことにより、お客様がCookieの使用に同意されたものとみなします。
弊社のCookieの使用に関する方針の詳細は、
「プライバシーポリシー」をご確認ください。