複数のExcelファイルからデータを抽出して集計するサンプルシナリオ

人気
2019.05.17【18_Excel関連】
WinActorのExcel操作ライブラリを使用して、指定したフォルダ内の全Excelファイルからデータを抽出し、別のExcelファイルに集計するサンプルシナリオとなります。

※本サンプルシナリオをダウンロードする前に、こちらの注意事項を必ずご確認ください。

DOWNLOAD
340.1 KB

使用するWinActorモジュール

本サンプルシナリオでは、以下のWinActorモジュールを使用します。

  • 13_ファイル関連/04_ファイル一覧/ファイル一覧(ファイル数)取得.ums5
  • 13_ファイル関連/04_ファイル一覧/ファイル一覧(ファイル名)取得.ums5
  • 18_Excel関連/Excel操作(検索一致).ums5
  • 18_Excel関連/Excel操作(値の設定).ums5
  • 18_Excel関連/03_行列操作/Excel操作(最終行取得 その4).ums5
  • 18_Excel関連/09_セル位置/A1形式 次の行へ.ums5
  • プチライブラリ/18_Excel関連/Excelファイルで指定行の最終列を取得するライブラリ
  • プチライブラリ/18_Excel関連/指定した値をExcelのセルに設定する(行列の数値指定可)ライブラリ
  • プチライブラリ/18_Excel関連/指定したExcelのセルの値を取得する(行列の数値指定可)ライブラリ
    (プチライブラリは こちら からダウンロード可能です。)

解説している実装テクニック

本サンプルシナリオでは、以下の実装テクニックを解説しています。

  • 統合元フォルダ内のExcelファイル分ループ処理
  • 統合元Excelファイルの検索キーワード分ループ処理
  • 統合ファイルの検索キーワード有無で処理分岐

動作確認環境

本サンプルシナリオは以下の環境で動作確認しています。

  • Windows 10
  • WinActor 5.3.1
  • Microsoft Excel 2016

制約事項

  • 統合元フォルダのExcelファイルは同じシート名、同じフォーマットのExcelファイルを使用してください。
  • 統合元フォルダはExcelファイルのみを格納してください。
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します