株式会社キュービタス 様

クレジットカード業界を支える高品質なプロセシング業務のインフラを、
短期間かつ省コストで改善するには

業務処理の効率化と働き方改革、そして未来の成長を支えるインフラ導入。異なる3つの要件をいかにして達成するか?

業務推進部 RPA推進室長 志村和弘 氏 業務推進部 RPA推進室 松島秀樹 氏 業務推進部 RPA推進室 髙橋一大 氏
業務推進部
RPA推進室長
志村和弘 氏
業務推進部
RPA推進室
松島秀樹 氏
業務推進部
RPA推進室
髙橋一大 氏

クレジット業界をインフラ運用で支える総合プロセシングカンパニー

株式会社キュービタスは、クレジットカードの市場拡大に伴い、増大する処理業務をインフラ運用で支える総合プロセシングカンパニーです。当社では、クレジット決済に伴うカード利用者・加盟店による情報登録や更新・変更など、多岐にわたる処理業務を複数の大手クレジット会社様から受託しています。

ベクトルが異なる3つの課題解決に有効なRPA

年々増え続ける処理業務の品質やセキュリティを、いかにして確実に担保するか。一方で自社の「働き方改革」を推進しながら、持続的なビジネスの成長を実現する。こうした課題の解決には、業務の合理化や自動化が不可欠です。さまざまな選択肢を検討した結果、最適解として導き出されたのがRPAの導入でした。

短期構築、効率的な運用、充実したサポートを評価し、WinActor®を採用

その後、専任の部署を立ち上げ、半年の時間をかけて導入のあるべき姿や具体的な製品の検討を実施。①自社内でシナリオが構築できる使いやすさ、②低コストでの運用が可能で、修正や変更にもスピーディに対応できる、③導入後も将来にわたって導入パートナーの手厚いサポートが期待できるといった基準で評価を行い、最終的にWinActor®の採用を決定しました。

課題のポイント

POINT01
「増大する処理業務への対応」「働き方改革の推進」「未来にわたる持続的な成長の実現」を同時に実現する
POINT02
RPAの導入においては、自社内でシナリオの構築・変更ができる使いやすさと、導入パートナーの手厚いサポートが必須要件


続きを読む »WinActor®の導入により、月間65万件の処理業務を自動化し、1万5,000時間を削減!
12
Twitterでシェア Facebookでシェア
ページの最上部に移動します