パーソルテンプスタッフ株式会社様

プログラム開発経験がないメンバー中心に無理なく開発・メンテナンスし、スケールできるRPAツールの活用方法とは

導入したRPAを全社拡大する上で、現場のRPAに対する誤解や既存ツールの開発・メンテナンス難易度(プログラム経験が必要)がボトルネックになっていた。

業務改革推進本部 本部長渡部 広和 氏 業務改革推進部 RPA推進室 室長 矢頭  慎太郎 氏 業務改革推進部 RPA推進室 髙橋  洋実 氏
業務改革推進本部
本部長
渡部 広和 氏
業務改革推進部 RPA推進室
室長
矢頭 慎太郎 氏
業務改革推進部 RPA推進室
髙橋 洋実 氏

事務処理の軽減のためRPAをテストするも、現場とはRPAの認識に差

当社では法改正の対応で現場オペレーションが煩雑かつ膨大になっていました。そのため、人材派遣の事務処理業務の軽減を目的に、とあるRPAツールを先行導入しました。さらに、導入を拡大する過程で、現場ではRPAに対する誤解があり、対象業務のピックアップが難航しました。

プログラミングスキルが必須だと、導入後の現場メンテナンスが困難

先行導入したツールは、開発やメンテナンスにプログラマレベルのスキルが必須だったため、専門のエンジニアに発注して自動化プログラムを作成していました。一方で、現場にはプログラミングに理解のあるメンバーは少なく、稼動後のメンテナンス負担等を考慮すると、このツールをそのまま全社展開することは難しい状況でした。

ナレッジの集積やセキュリティ面からも社内ルールの整備が必要

さらに、全社展開を見据えた場合、稼働後の野良ロボ化を防止し、セキュアに運用するためのルール作りや、各部門での開発・運用の社内の共通ナレッジを言語化・定型化して蓄積していくことも課題の一つでした。

課題のポイント

POINT01
RPAに対する誤解があり、対象業務の選定が難航
POINT02
プログラミングスキルが必須だと、現場でのメンテナンスが難しい
POINT03
RPA関連の社内ルールが未整備のため、ナレッジが分散してしまう


続きを読む »プログラムスキル不足の現場への導入、RPA導入後の運用に対する課題解決方法とは?
12
ページの最上部に移動します