日本紙パルプ商事株式会社
株式会社JP情報センター

AIReadの導入の周辺施策としてRPAの運用を開始
小さなきっかけから業務自動化の波を起こす方法とは

先行導入したAIRead (アライズイノベーションのAI OCR)をより効果的に活用し、もっと業務効率を高めたいAIReadに限らず、マンパワーに頼らない業務改善を広く実現したい

日本紙パルプ商事株式会社 広報室 室長 藤嶋 章人 氏 株式会社JP情報センター ソリューション1課 課長 新井 康徳 氏 株式会社JP情報センター ソリューション1課 本城 秀晃 氏
日本紙パルプ商事株式会社
広報室 室長
藤嶋 章人 氏
株式会社JP情報センター
ソリューション1課 課長
新井 康徳 氏
株式会社JP情報センター
ソリューション1課
本城 秀晃 氏

注文書の処理にAIReadを導入したが、後続処理に手作業が残ってしまう

日本紙パルプ商事では、営業事務(OA用紙の輸入処理など)を軽減するため、AIRead(アライズイノベーションのAI OCR)を導入。システム系を担当するグループ企業のJP情報センターとともに現場への浸透を図ってきました。AIReadは、注文書のPDF化や情報の読み取り等で高い効果が得られた一方、その後のデータ入出力や書類作成といった後続処理に手作業が残り、「もっと効率化できるのでは」というもどかしさもありました。

手作業が集中する箇所で人為的なミスの発生や、作業の煩雑化/属人化が顕著に

また、これらの後続処理の手作業は、注文量や商品の種類が増えることで煩雑化し、担当者への属人化が顕著になっていました。さらに、月末など特定の時期に業務が集中することで、人為的なミスも発生しやすくなり、担当者には相当なプレッシャーがかかってしまっていました。

複数のテクノロジーを連携させて、マンパワーに頼らない業務改善を実現したい

この問題については、AIReadを単独で活用していては解消が難しい状況でした。活用できるマンパワーには限りがあり、人員を増やすだけの施策は現実的ではありません。AIReadの後続処理はもちろん、社内の他の業務についても、シナジーを発揮できるテクノロジーを組み合わせ、積極的に業務改善を達成する必要がありました。

課題のポイント

POINT01
AIReadを導入したが後続業務に手作業が残り、効率が落ちてしまう
POINT02
人為的ミスの防止や、作業の煩雑化/属人化の解消も必要
POINT03
マンパワーに頼らない業務改善を社内に広めたい


続きを読む »AIReadをより効果的に活用し、さらなる業務効率化を実現した方法とは
12
ページの最上部に移動します