株式会社ニッセイコム様

基幹業務のSIベンダーが、プロの目線で選択した
「現場主体で利用しやすい」RPAツールとは

お客様により良い業務ソリューションを提案していくためにも、
まずは自社の管理部門の働き方改革・業務効率化を達成したい

ソリューション統括本部 ソリューションシステム本部 システム第四部 第一課 主任 水野 仁詞 氏 人事総務本部 人事総務部 人事勤労課 齋藤 智樹 氏
ソリューション統括本部
ソリューションシステム本部
システム第四部 第一課
主任 水野 仁詞 氏
人事総務本部
人事総務部
人事勤労課
齋藤 智樹 氏

基幹業務ソリューションのプロとして、一歩進んだ業務効率化を提案したい

当社は、お客様の業務改革を支援するSIベンダーとして、総務や財務といった基幹業務を中心に、コンサルやシステム構築、自社パッケージの開発・販売といったビジネスを手がけています。ここ近年は、働き方改革の流れから、さらなる業務効率化を希望されるお客様も多く、これまでの枠を超えた新しい施策の提案が求められるようになりました。

基幹業務との連携実績からRPAに着目。まずは自社業務で効果の見極めを実施

私たちが手がける業務系ソリューションとの相性の良い新提案を探っている中で、管理業務での利用実績が豊富なRPAツールに着目しました。しかし、RPAは種類が多いだけでなく、適応業務の見極めも必要なことから、「お客様に提案する前に、社内の業務効率化に活用しよう」と、まずは自社の業務で導入テストを実施することにしました。

課題のポイント

POINT01
お客様に一歩進んだ業務効率化の施策を提案したい
POINT02
どのRPAが使いやすいか、まずは自社業務に適用して効果を見極めたい
続きを読む »10を超えるRPAツールを比較検討して導入した自動化システムとは
12
ページの最上部に移動します