株式会社日本旅行・グローバルビジネストラベル様

即効性・柔軟性のある効率化施策実現に向けた、
RPAの性能を最大限に引き出す業務フロー改革とは

システム化されていない非効率な業務フローを即効性・柔軟性のある施策で改善したい

事業戦略&開発本部
本部長
滝田 祥丈 氏

膨大なデータを活かし、快適かつコストを抑えた出張手配や危機管理ソリューションを提供

私たち株式会社日本旅行・グローバルビジネストラベルは、ビジネス出張管理業務を総合的にサポートする「ビジネス・トラベル・マネジメント(BTM)」の専業会社として、140カ国をカバーするネットワークから蓄積された出張データを生かして、快適かつコストを抑えた出張の手配や、出張時の危機管理のソリューションをご提供しています。


システム化から漏れている、非効率なやりとりが残る業務フローを改善したい

膨大なデータを扱う予約管理やレポート作成などの多くの業務は、専用システムを使って既にデジタル化・効率化が図られています。しかし一部の業務はシステム化から漏れており、例えば請求書発行・送付の業務では、電子データを一度プリントアウトしてコメントを手書きしたものを業務委託先に送付して、そこで再度電子データにして送付するという「デジタル→アナログ→デジタル」という非効率なプロセスがあり、早急に改善したいと考えていました。


自社開発システムのため、改修や機能追加には時間と多額の投資判断が必要

効率化の観点では、全ての業務をシステム化することが一番です。しかし、業務で利用しているシステムは自社開発であるため、一般化されているものに比べてエンジニアのリソースが限定されており、改修や機能追加には時間や大きな投資コストがかかります。そのため、将来的な全プロセスのシステム化の検討と並行して、即時性のある施策も必要でした。


課題のポイント

POINT01
システム化から漏れ、非効率なやりとりが残る業務フローを改善したい
POINT02
自社開発システムのため、システム改修や機能追加には大きなコスト・時間がかかる
続きを読む »膨大なデータを簡便かつスピーディに業務効率化したRPAツールとは
12
ページの最上部に移動します