ICTエンジニアリング業
株式会社エクシオテック様

複数のアプリケーションにまたがった多数のコピー&ペースト作業。
ヒューマンエラーや残業の増加の解決策とは

特定の時期に受発注オーダーが集中し、
ヒューマンエラーや残業の増加に悩んでいました。

株式会社エクシオテック執行役員 埼玉支店長 石平 伸一氏 株式会社エクシオテック アクセス部サービス総合工事 設計課長石塚 尚弘氏 株式会社エクシオテック アクセス部 設計グループ 設計担当 櫻井 友之氏
株式会社エクシオテック
執行役員 埼玉支店長
石平 伸一氏
株式会社エクシオテック アクセス部
サービス総合工事 設計課長
石塚 尚弘氏
株式会社エクシオテック アクセス部
設計グループ 設計担当
櫻井 友之氏

通信回線工事の受発注業務をこなすには、複数のアプリケーションにまたがった多数のコピー&ペースト作業があるため、PC操作が煩雑な状態でした。
入力ミスは誰にでも起こりうるヒューマンエラーですが、その入力内容が他のアプリケーションに引き継がれてしまうため、
1つのミスがさらにミスを増やす悪循環になり、特に繁忙期には、時間外労働が増加する原因となっていました。
根本的にシステム改変をするにはコストも時間もかかるため、早期での業務改善が実現できず、担当者は頭を悩ませていました。

【問題点や課題】

①受発注に伴う作業は複数のアプリケーションを扱い、多数のコピー&ペーストがあるため、 PC操作が煩雑となって、単純な入力ミスを引き起こす可能性が高いことが分かりました。
これはオペレーターの経験年数に関係なく発生しており、手作業ならではの誰にでも起こりえるヒューマンエラーだったのです。
ここでミスが発生すれば、当然ながら正確な設計指示書を作成できないため、
後日に書類は差し戻されるのですが、その修正がさらに業務を増やすという悪循環になっていたのです。

②解決策の一つとして、入力ミスが極力なくなるようシステムそのものを改修する案が持ち上がりましたが、
業務システムの中には、お客様から貸与していただいたものや業界共通で使われているものもあり、システム変更は容易ではありません。
また、実際にシステムを改修するには、多くのコストと時間もかかるため、すぐには業務改善が実現できません。


課題のポイント

POINT01
「誰にでも起こりえるヒューマンエラー」をどう減らすか
POINT02
業界共通・貸与されているシステムがあり、即時のシステム変更は容易ではない
続きを読む » システムに手を加えることなく、ミスと残業を削減できた方法とは?
12
ページの最上部に移動します