WinActor® Cast on Call オープンβ版を2019年6月中に提供開始

ニュースリリース2019.05.08

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT)は、WinActor®のシナリオのオンデマンド利用を実現する新しいサービスWinActor® Cast on Callの正式サービスの提供に先立ち、オープンβ版の提供を6月に開始いたします。


WinActor® Cast on Callオープンβ版について

(1)オープンβ版の目的
Windows PCにおける簡単な処理の自動化シナリオを提供し、オープンβ版を体験いただく方による、
・利用者による使い勝手の確認
・既製シナリオのさまざまな環境での動作確認
・シナリオ提供者によるシナリオの品質向上
・不具合報告、アンケートなど弊社へのフィードバック
を目的としています。

(2)応募方法
オープンβ版の体験をご希望のお客様は、以下の方法でお申し込みください。
https://castoncall.winactor.biz/?frm=an201905にアクセスします。
② ページ最下部にある登録フォームよりご応募ください。
③ 当選された方には、弊社よりメールにて詳細をご案内いたします。

※ご応募多数の場合は、抽選となりますので予めご了承ください。


WinActor® Cast on Callの概要

ご利用のお客様は、まずアカウントを登録していただきます。
登録したアカウントで、サービス用サイトにログインし、提供する既製のシナリオの中から、業務の遂行に必要なシナリオを選択、実行を指示します。
指示したシナリオは、お客様のWindows PCにあらかじめインストールされたCast on Call専用のWinActor® が実行します。
正式サービスにおいては、お客様には、年間の基本料金と、シナリオを実行・完了した分の料金をお支払いいただく予定です(オープンβ版では料金の徴収はいたしません)。



(1)主な特長
・インターネットに接続されたWindows PCがあれば、Cast on Call 専用のWinActor® をインストールすることで、提供する既製のシナリオを利用することができます。
・既製のシナリオを利用できるため、お客様がシナリオを一から作成する必要はありません。
・使用量に応じた料金設定のため、予算に応じた効率的な使い方が可能です。
・外部サービスと連携するシナリオなど、陳列シナリオは順次追加する予定です。

(2)導入のメリット
・WinActor® Cast on Call は、アカウントを登録したその日から業務に利用できます。自社でシステムを構築する手間や費用をかける必要はありません。
・どのシナリオをいつ実行したか、利用状況が一目でわかるため、作業履歴を管理することができます。
・任意のWindows PCでWinActor® を実行することができるため、柔軟な運用が可能です。


■ご利用の条件について

アカウントを登録する際に、弊社が提示する利用規約に同意していただく必要があります。
オープンβ版では、利用規約の同意に基づき、全ての機能を無料でご利用いただくことができますが、正式サービスへの移行後は、料金が発生します。


■今後のスケジュールについて

正式サービスの提供開始時期などにつきましては、弊社ホームページでお知らせする他、事前に体験希望をご登録いただいたお客様にも、弊社からメールにて詳細をご案内いたします。


■展示会のお知らせ

来る2019年5月8日(水)~10日(金)に、東京ビッグサイト青海(あおみ)展示棟(東京都江東区)で開催される「第2回AI・業務自動化展 春」のNTT-ATブースにて、WinActor® を出展します。
展示会URL:https://spring.japan-it.jp/ja-jp/about/ai.html
出展製品詳細:https://winactor.biz/

※ WinActor® はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※ 記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
NTTアドバンステクノロジ株式会社
WinActor®お問い合わせページ

ページの最上部に移動します